犬の種類によってしつけの基礎知識が異なる

犬のしつけの種類の基礎知識
トイレのしつけ

トイレのしつけ

犬のしつけのには様々な種類がありますが、その方法を知っていますか?まず、しつのの種類である トイレトレーニングをご紹介したいと思います。子犬のトイレトレーニングについてです。最初に、
ハウスの近くに トイレをおかなければなりません。
まず、トイレを サークルで囲い、全体にシーツをしききましょう。

そして、ハウスから犬がでているときに、犬が排泄のサインを出したらトイレに犬を連れて行くことが基本となります。 このとき犬が自分でトイレに入るイメージをつけるために扉の出入り口 に犬を連れていき、トイレに入ったら扉を閉めてあげるようにします。

犬のしつけのトイレトレーニングは、まず排泄が始まるまで触れずに排泄を始めたら、 事前に決めていた号令をかけてあげます。そして、排泄が終了したら、その場で褒めてご褒美を犬に与える ようにし、これを繰り返します。

ご褒美を与えるしつけを行うことにより、「排泄を行えば良い事がある」と犬に学習させる 方法となっています。そして、褒め終えたのであれば、犬をトイレの外に出し、更なるご褒美と して一緒に遊んだり、自由に歩かせる事もストレスを与えないしつけの方法として重要な 基礎的知識になるので覚えておきましょう。叱る事も大切なのですが、良いことをしたら、それ以上に褒め てあげることも必要なことになるのです。それによりメリハリがつき、犬にしても学習しなければなら ないことが認識しやすくなるのです。人間と同じくしっかりとしたメリハリをきかせて最適な関係を持てるようにしましょうね。 メリハリがきいていないしつけはただ単にわがままな犬になるだけで、飼い主にとって一緒にいるのがストレスになってしまいます。

お座りのしつけ

お座りのしつけ

犬のしつけの中で一番簡単な種類のお座りのしつけについて、ご紹介したいと 思います。犬のし つけの一つ「お座り」の方法は、おやつなどのご褒美 を使うのが一般的なしつけです。まず、このおやつを使 用するしつけ法は、最初に手の中におやつを忍ばせ、犬の鼻先に持って行くといった手順です。

そして、手の中におやつがあることを犬が認識したら、その手を犬の頭上にもっていきます。 このときに、犬はおやつを追いかけ、顎が上がりますが、それが確認できればおやつの認識が正確に できているということになります。ここまでできたら、いよいよ犬へお座りのしつけを行います。

犬の頭上に持っていったおやつの効果により顎が上がって、おやつの匂いをかぐ際に、犬は 自然 とお座りの姿勢になるので、それが確認できれば、「お座り」と言って、 褒めてあげる ことは忘れてはいけません。そして、こ の手順を繰り返すことによって、 「お座り」と言われたらお尻を地面につけなければならないと犬が認識するのです。

先に述べた手順を繰り返す事が犬のしつけに効果的なのですが、落ち着きがない犬や、 手の 中のおやつに気を取られお座りの体勢になることが出来ない犬であれば、おやつを 持っている手を上に持っていった際に、「お座り」と号令をかけ、犬のお尻を軽く押さえ、 お座りの体勢を作り、褒めてあげる手順を繰り返すことで、犬のお座りのしつけができます。このことを反復して自然にできるようになるまで 行うことで、お座りを自然とできるようになるのです。飼い主がなかなかできないからと諦めたりすると、いつまでたってもできないので、根気を持って行いましょう。どうしても手に余るようであれば、プロの しつけをしてくれる人に任せてもしつけを行いましょう。現在はしつけを専門にしているショップもありますし 動物病院でトイレのしつけなどのトレーニングを無料で行っているところもあります。

https://www.tanteisan.com/
 



お手とおかわりのしつけ

お手とおかわりのしつけ

犬のしつけ「お手」について、ご紹介します。お手は、 覚えていな くても生活に支障はありませんんが、犬の しつけ1つとして一般的な種類ですよね。お手のしつけは お座りさせて、犬の手を持ち自分の手の上に置き、お手と何回か犬に号令をか ける方法で行います。

この手順を繰り返しながら、犬を褒めてあげることが大切です。 そして、犬は褒 められることを「嬉しい」と 感じるので、何度も繰り返し行い褒めてあげると効果的 です。

犬が、人間に誘導されるお手を覚えたら、次は犬自身でお手をさせるしつけに、 移る必要があります。まず、手の平を犬の顔の前に 置いて、「お手」と号令をかけます。賢い犬であれば、ここで成功する事ができます。 そして、成功したら大げさなくらいに褒めてあげるとより嬉しさを感じさせることができます。

そして、お手の逆の種類の「おかわり」のしつけは、反対の手でおかわりと同様 のしつけの手順で行うと効果的です。お手やお かわりは犬との 信頼関係を築く上でも、とても大切なコミュニケーションとなるしつけの1つです。な ので、 お手とおかわりのしつけを行う際にはコミュニケーションの1つとして楽しみながら行うようにしましょう。 ペットも飼い主から命令ばかり恐い顔をしてされるとよい気持ちは しません。遊んでいるという感覚で行うことで、早くしつけもできるのです。これは人間の子供と同じです。恐怖で教えるよりも楽しい ことで教えるほうが効果的です。なかなか厳しく行うことは難しいですが、ペットと飼い主のお互いの関係を最良のものにするには きびしさが必要になってきます。

https://www.hotel-bed.net/
https://www.shounani.co.jp/



待てのしつけ

待てのしつけ

ここでは、「待て」のしつけについてみてみましょう。 犬のしつけで、もっとも教えてお きたい事は「待て」です。 「待て」は、散歩中 に道路に飛び出した際の制御や、知らない人に向かったときなど、犬の 安全を守るためにも、大切なしつけなのです。

そして犬番組でよく見かける「待て」のしつけは、エサを目の前において、 食べることに対して「待て」と指示をだすことが多いですが、犬はそういったことを理解でき ないので、ただ目の前の「餌を食べるな」と意地悪されていると感じることがあります。なのでエサを使っての「待て」は行わないようにしましょう。

犬の待てのしつけでは先に説明した通りの、「お座り」を覚えさせた方が効果的です。そして、リードをつけた状態で、「お座り」の号令をかけ、 「待て」と号令をかけながら少しずつ犬から離れていくのがコツです。万が一、犬が動いて しまったら「お座り、待て」と号令をかけ、様子を見るようにします。もちろん一度でペットもこの号令を 覚えられるわけではありませんから、根気強いトレーニングが必要なことも覚えておきましょう。

そして犬があなたの所まできてしまったら、最初からやり直しになります。最初は、少ししか待てないですが、焦らないようにしましょう。 そして、この手順を繰り返して離れて10秒間待てるようになれば、「待て」と号令を かけながら左右に動きます。そして、犬が動かなければ、ご褒美をあげその動作を覚えさせます。このご褒美をあげる方法はしつけの中でも基本中の基本でとても効率よく、しつけができます。 犬がまだ小さな頃にしっかりとしつけをしておかないと、成犬になってからではしつけは難しくなってしまい、 飼い主の言う事を聞かない犬になりかねません。何事も最初が肝心といいますが、犬のしつけに関してはまさにそれが言えます。

 


https://www.sougi-sos.com/


呼び戻しのしつけ

呼び戻しのしつけ

犬のしつけでもっとも大切といってもよい呼び戻しのしつけについて見てみましょう。「おいで」や「名前」で戻ってくる呼び戻しは失踪や交通事故を防止するのに非常に大切なしつけになるのので必ず覚えさせるようにしましょう。

そして、呼び戻しは失敗するとクセが抜けにくいので、二段階に分けたしつけが必要です。始めは、日常から呼び戻しの号令を決め、いいことが起こると 学習させていくようにします。食事をあげる際に「ごはん」と言わずに「おいで」などの号令で呼ぶと効果的です。そして、応用で散歩などの際でも「散歩」ではなく決めた号令を使うようにします。始めのうちはうまくいかないですが、ある号令を与え、それに従わなければ、ご褒美はなし、従えれば、 ご褒美を与える、といった方法も続けると犬も早く覚えてくれます。

犬の呼び戻しのしつけは、決めた号令を言った際に確実に、自分の手元に来るようにし、 犬が喜びを感じる食事や散歩の際に、号令をかける事が大切です。 そして、この日常でこのしつけができたら、次は本格的なトレーニングに移りましょう。

そして、呼び戻しのしつけの定義ですが、飼い主が犬を確実に捕まえられる 距離まで呼び戻すことが基準です。その明確な基準は、首に触れることができる距離まで戻ってくるように呼び戻しができるようにならなければいけません。これがわかっていないとどの辺りまできたら、しつけができているかわからなくなります。これは初心者に多い悩みですので、しっかり覚えておきましょう。犬を飼っている人に簡単なしつけや心構えなどを教えてもらうのもよいです。 知っておかないと、後で知ってもすでに手遅れになることも一杯あるのです。しつけについても同じで後々になるほどしつけが難しくなります。



無線機

無駄吠えのしつけ

無駄吠えのしつけのコツについてみてみましょう。 無駄吠え のしつけの簡単な方法は、犬がほえていてもできるだけ無視することがまず第一です。そして、あまりに犬が長い時間 吠え続けていたら「こら」と一度だけ低い声で叱ります。

そして、叱る際の声は低音で短く簡潔にするようにします。犬は、 人間にガミガミと怒鳴りつけられても、理解できないのでしつけにもなりません。犬は大声で10回 怒鳴るより、低音で短く叱ったほうが命令を聞くことができるようになります。 人間と共通している部分もありますが、していない部分も当然あるのです。

犬の無駄吠えのしつけで、大切なの褒めてあげる事です。人も褒められれば 嬉しいですよね。それと一緒で犬も嬉しいという感情があります。ですが、褒めるタイミングがしつけでは大切になります。良い事や悪い事をしなければ褒めてあげる、といったこと忘れてはなりません。

例えば、留守番の際に部屋の中の物を壊さず、無駄吠えをせずに、一晩中静かだったという 際には少し大げさなくらいに 褒めてあげると効果的にこのしつけができます。 特に長時間のお出かけなどで、犬を留守番させることがある でしょう。その際に自分の疲れが 優先で、お留守番していた犬を褒めてあげることを忘れないようにしなければいけません。 犬は大事な家族なのです。自分が家をでている間に家をしっかり守ってくれていた、ペットをしっかりほめてあげましょう。 そして、これから犬を飼おうと思っている人にこれまでにご紹介した、犬のしつけの知識がご参考にして頂ければ幸いです。 家族の一員ともいえる犬をしっかりしつけて快適なペットとの生活をすごしていただけると幸いです。 ペットは家族の一員、人間と同じなのです。甘やかしすぎず、厳しすぎず、いい関係を保ちましょうね。優しくそしてときに厳しくすることで、本当に 飼い主とペットの一番良い関係が築けるのです。

メインコンテンツ

犬のしつけ基礎知識コンテンツ

コンテンツ

しつけの適応時期

しつけの適応時期について、ご紹介いたします。犬を飼い始めた際には、いつからしつけを 行えばよいのか分から ....

続きを読む

どうして犬のしつけが必要なのか

世間では、犬はしつけてなければならないと、現在インターネットなどでも多くの人が言われていることだと思います。 ですが、 ....

続きを読む

ご褒美と罰の与え方

犬のしつけを行う際に、大切なのは、ご褒美と罰の与え方だと思います。 まず、犬は学習能力が高くあるので、嬉しい事が起こると ....

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

褒め方と叱り方

褒め方と叱り方について、ご説明いたします。まず、犬の知能は人間でいうなら5歳程度となっています。 そして言葉は通...

続きを読む

上下関係のしつけ

犬のしつけのポイントとなるのは、犬といい関係を築くことでもあります。 いい関係というのは、上下関係がはっきりとしているということです。....

続きを読む

犬の噛み癖のしつけ

ここでは、噛み癖がある犬のしつけの方法についてご紹介します。
まず、噛む犬の原因には100%と....

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

甘噛みのしつけ

甘噛みのしつけの方法について、ご紹介いたします。まず、犬を購入した際に、 1番の悩みとなるのが甘噛みの癖だと思います。実際、 ....

続きを読む

犬のアイコンタクトのしつけ

何故か、犬が言うことを聞いてくれないことが悩みとなっている飼い主の人は 多くいると思います。一番に考えてほしいのは、 アイコンタクトが ....

続きを読む

ボディコントロールのしつけ

ここでは、しつけに関係しているボディーコントロールの方法について、ご紹介いたします。 ボディーコントロールは、自宅で簡単に行うことが ....

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

犬のリーダーウォークのしつけ

リーダーウォークのしつけについてご説明いたします。リーダーウォークのしつけ方は、 初めに、飼い主が犬の横にたち犬の真横を、 ....

続きを読む

飛びつき癖のしつけ

犬が喜び、飛びついてしまう問題行動は多くあるようです。犬は愛情表現として、飼い主も 飛びつかれると可愛くて仕方ないでしょう。ですが、 ....

続きを読む

犬の留守番のしつけ

お留守番の際のしつけに困っている人は多くいると思います。その際の手順を少しご説明して いきます。最初に、お留守番をさせる際に ....

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

ハウスのしつけ

ハウスのしつけ方法について、ご紹介いたいします。ハウスはどのようにしつければいいの でしょうか。ハウスのしつけは、絶対に....

続きを読む

犬の拾い食いのしつけ

拾い食いのしつけの方法について、ご紹介いたします。まず、犬と人の胃腸を比較すると犬の 方が、丈夫な胃腸を兼ね備えていて、少し腐っていても ....

続きを読む

コンテンツ