• 犬のリーダーウォークのしつけ

    リーダーウォークをする事は犬の幸せ

    アイコン リーダーウォークのしつけについてご説明いたします。リーダーウォークのしつけ方は、 初めに、飼い主が犬の横にたち犬の真横をキープします。この際に、犬と目線をあわさない 状態で、リードも短めに持って下さい。そして、飼い主のペースで歩いて行き、途中で進路を 買えたり、立ち止まったりして見てください。この行為は、飼い主の主導で歩かせる事を 学ばせるためです。最初は、犬も混乱してしまいますが、そのうち、歩きづらいと感じて、 飼い主に合わせて歩くことを学習していくでしょう。

    アイコン そして、途中で停止したり、進路変更が出来るようになれば、ご褒美をあげて褒めてあげま しょう。そうすれば、犬は飼い主に合わせて歩くという行為が良いことであると認識して、 更なる効果を期待できるのです。完全に飼い主の主導で歩けるようになれば、飼い主の リーダー格が上がってきたということになります。その後は、きちんと継続する事が大切に なるので、継続しなければなりません。そして、リーダーウォークの行い方と、準備に ついてですが、リーダーウォークの方法を簡単にご説明したいと思います。

    アイコン ですが、文章では伝わりにくいものもあると思うので、可能であれば動画などを参考に した方が よいでしょう。そして、方法の基本は同様いんありますが、本により少し方法が 異なっている可能性があります。ですが、実際は細かい所はそこ まで気にしないでよいで しょう。最初に、必要となるのは、広いスペースだけです。おやつやおもちゃがあれば より 効果的ですが、始めて行うのであれば、必要はないと思います。どうしてもなかなかいう事を聞いてくれないのであれば、おやつなどを利用して あげると良いと思います。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

リーダーに従い生活する生き物



実際、犬と一緒に歩き回るので広い公園などが適切な場所になります。
ただ、子供たちがいっぱいいるような犬の注意がそれるような場所は選ばないようにしましょう。もし、 リーダーウォークのしつけができていないのであれば、大人になった際に大きな 影響がでてきます。
それは、散歩の最中に好き勝手な場所に行く事はもちろんですが、 服従関係が逆転しているので、
無駄吠えや噛みついたり、飛びついたりといった問題行動がでます。

犬のしつけで重要な事は、犬と飼い主の服従関係を明確にする事で、犬は実際に群れで 暮らし、
リーダーに従い生活する生き物なのです。

なので、リーダーに従うのは喜びで、 ストレスを感じないための本能に適した行き方で、犬を飼育するのであれば、
絶対に飼い主が リーダーであることを教えなければなりません。犬はこの際に、何も不憫を感じて いないのです。
むしろ自由気ままに生きているほうが、不安をかかえている可能性が 高いのです。 この知識をもっていない飼い主は思いのほか多いのです。もしあなたがそうであれば、 今すぐ、意識を変える必要があります。 このよう なことも犬を飼育するのであれば、しっかり頭に入れておく必要があるでしょう。 飼い主がまずしっかりすることが、犬のしつけには大事なのです。