• 飛びつき癖のしつけ

    飛びつき癖は怪我の元になる

    アイコン犬が喜び、飛びついてしまう問題行動は多くあるようです。犬は愛情表現として、飼い主も 飛びつかれると可愛くて仕方ないでしょう。ですが、これが許されるのは、子犬の頃だけです。 大人になった事を考えましょう。その際にも飛びつき癖があるのであれば、大型犬など とても大きな怪我をさせてしまいます。では、何故犬は飛びつくのでしょうか。 先に述べたように、犬は愛情表現で飛び付きます。ですが、子犬の頃から飛びつくことを 辞めさせなければなりません。

    アイコン嬉しくて嬉しくて飛びついている犬を見ると、飼い主は迷惑という感情よりも、喜びを感じる でしょう。ですが、家族以外に飛びついてしまった際の事を考えると、辞めさせなければ なりません。いくつか例をあげます。まず、近寄ってきた人に飛びつくことについてです。 「可愛いね」などといって近寄ってきた人に飛びつくのは、褒められた事を自覚し、喜びを 表す際に嬉しくて飛びついてしまうのです。ですが、外でこういった行動をとってしまうと、 相手の服を汚してしまうことになります。

    アイコンそして、子供であれば、小型犬の力でも突き飛ばすことは容易なのです。飼い主が帰宅した際や 訪問客に飛びつくと、いった行動についてです。それは、飼い主が外から帰宅した際や来客を 確認した時に嬉しすぎて飛びついてしまうケースです。ですが、興奮し飛びついてしまうと 犬の犬種により、腰が弱い犬もいるので、腰を痛める原因になるので、辞めさせなければ なりませんね。そして、犬が大人になった時に事を考えなければなりません。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

大きな怪我


どの犬でも子犬の頃はフカフカのコロコロでとても愛くるしいですよね。
どのようなしぐさで あってもとても可愛いものです。
そして、喜び自分めがけて飛んでくる姿は、とてもほほえましい 光景です。
ですが、そこで癒されるだけではダメです。少し考えてみましょう。
大型犬であれば、子犬の時は小さい体であっても、成長したらどうですか。
立ち上がれば人間の 身長と同じくらいになる犬種もいます。そのような大きな体の犬に飛びつかれてしまったら、
老人や子供にだけでなくとも簡単に転倒させてしまいます。その弾みで大きなケガを してしまうことも多いのです。

そしてしつけの方法についてですが、その方法は無視です。
飛びついてきた際に叱るの ではなく、方向を変え、背中を向けましょう。

回り込んで飛びつこうとしたら方向転換です。 興奮が収まったのを確認したのちに、構ってあげるようにしてください。

お座りの号令を 覚えているのであれば、飛びついてきた際にお座りさせて下さい。そして落ち着いたのを確認して褒めてあげましょう。 シンプルですが、この繰り返しの効果はかなり高いと言えます。特にペットにとって特定の行動で特定のごほうびがあると わかりやすく覚えやすいのです。