• ハウスのしつけ

    ハウスのしつけは犬の緊張を和らげるため

    アイコン ハウスのしつけ方法について、ご紹介します。ハウスはどのようにしつければいいのでしょうか。ハウ スのしつけは、絶対にしつけなければならないしつけではありませんが、 ハウスの使用がきちんとできれば、お利口な 犬に見えます。ハウスのしつけの 方法は、犬小屋やゲージの中に自分から入っていく ことです。犬が犬小屋で静かにしていればいいですが、ハウスの中で暴れまわると部屋の中も汚れてしまいます。

    アイコンそして、ハウスのしつけ方ですが、基本的に最初に、犬小屋がゲージに柔らかい布などを 敷くことから始めてください。そして、そのタオルの上でお座りして生活してもらうことに なります。更に、おやつや好物を利用して、犬を犬小屋に誘導します。犬を誘導する際には、 「ハウス」などの号令をかけながら行ってください。犬が誘導され、きちんと小屋に入った 事が確認できれば、すぐおやつを与えましょう。そして、再び室内に話し、このしつけを 何度か繰り返してください。

    この時のポイントは、号令をかけながら行うことが大切になってきます。どうしてかと言うと、 決まった号令をかければ、自然に犬小屋の中に入っていくことを覚えさせるために大切な 手順となっているからです。そして、その決められた号令がきっかけで、犬の条件反射を 利用するしつけの方法になっています。そして、犬は実際にとても賢いのですが、すぐに 学習する訳ではないので、1度教えたからといって出来る訳でなく、何度も繰り返しゆっくりと 教えてあげてください。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

トレーニングのステップアップ



そして、号令をかけて小屋の中に入れるようになれば、次の手順で
手や口のサインでハウスに入るように少しステップアップしたトレーニングを 行いましょう。これも先ほどご紹介した手順と同様に手や口でサインを出しながら 誘導して、入ったことが確認できたら褒めてあげましょう。
この手順を繰り返して犬の条件反射が 確認できるようになるまで、何度も繰り返して覚えさせます。

そして、ハウスは絶対に教えなければならないしつけではないのですが、ハウスのしつけが 出来ていれば、
あなたと犬の生活環境がよりよい空間が作られる事は確かです。

そして、外出の際にキャリーなどに入れる事が多くあると思いますが、キャリーに入れる際にも 号令をかければ、中に入ってくれるようになるのです。その光景は周りから見て、 とてもお利口な犬に感じるのではないでしょうか。

飼い主としてもとても誇らしいと思います。 根気が大切なので、諦めるような態 度をとらないことが大切になります。一度覚えてしまえば、後は楽なので、それまでは 我慢して頑張りましょう。どうしても無理な用なら、プロの方に依頼してもよいです。