• 犬の拾い食いは叱るだけでは効果がない

    拾い食いのしつけの方法について、ご紹介いたします。まず、犬と人の胃腸を比べると 犬の方が、胃腸は丈夫で、少し腐っていても問題もないと言われていま す。 ですが、それに安心してはなりません。万が一、散歩の最中に 道端に落ちている、 汚い食べかけのパンなどを口に含んでしまったら、散歩をしている飼い主としては 気分がよくないでしょう。しかし、犬はとりあえずなんでも口に入れてしまう習性がある ので、 きちんとしつけなければなりません。

    その拾い食いをした物が、危険な物かもしれません。散歩をしている最中に有毒な植物を 口にしてしまうといった危険性も出てくるのです。犬が飼い主をリーダーだと感じていれば、 絶対にリーダーの許可を得ない状態で食べるという事は絶対にないです。あなたの愛犬が 勝手に拾い食いをするのは、あなたがリーダーとして認められていないからです。犬自身が リーダーであると認識してしまっているのです。

    ということは、拾い食いの原因は、犬ではなく飼い主にあるということになります。なので、 拾い食いをした際に、叱ってしつけるのではなく、拾い食いをさせないようにしなければ なりません。具体的にいうと、こういった流れでしょう。最初に、犬が拾い食いをしてしまう 状況を外で作ってください。そして、興奮し飛びついた際に、罰を与えてください。 その際に、その物への執着が消えた際にご褒美を与えてあげてください。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

区別をつけるために


そして、この手順を繰り返しながら、ご褒美の回数を徐々に減らしていってください。
基本的には、この手順を繰り返す、しつけの方法となります。この方法は室内でも行えます。
まず、床に愛犬の好物のおやつを置いて、食べようとした際に罰を与えてください。
その罰は、犬の動きを停止させることが目的なので、リードをつけた状態で行ったほうが 良いでしょう。
そして、おやつを食べようとする行為をやめたら、手にもっている別のおやつを あげましょう。


この工程ができるようになればご褒美のおやつも3回に1回や5回に1回といったペースで 減らしていきましょう。そして、最後には短い言葉で褒めてあげます。 さらに、拾い食いを愛犬がしてしまったら怒りますよね。

ですが、その叱るといった 行為のみで終わらせてはなりません。怒り辞めたのであれば、ご褒美をあげるという流れを 覚えさせることが大切になります。そして、怒るだけで終わると、拾い食いの癖は治らず、

怒って辞めたのを確認してご褒美をもらえると、拾い食いの癖は治るでしょう。 それは、いいことと悪いことの区 別をつけるためには、とても大切なこととなるのです。厳しすぎりと思うことがあるかもしれませんが、長い目でみて しっかりしつけましょう。最初にみにつける主従関係というのはそれだけ大切なのです。

区別をつけるために