• 与え方を間違えると逆効果になってしまう

    犬のしつけに大切なのは、ご褒美と罰の与え方です。まず、犬は学習能力が高いので嬉しい事があるとその行為を繰り返すようになります。反対にいやな事だと、その行為をしないようになります。なので、ご褒美と罰のタイミングが 重要になってきます。何を行えば、ご褒美をもらえるのか、どのような事をしたら罰を受けるのかといった事を、犬がきちんと分かるようにしなければいけません。

    アイコン まず、ご褒美の与え方についてご紹介します。
    ご褒美は、成功した直後か、その行為の最中に 与えたほうが良いです。トイレが出来た際、しつけで言うことを聞いた際、
    飼い主が与えたおもちゃをかじる際、おとなしく寝ている時などに与えましょう。

    ご褒美は、犬が喜ぶ物がいいですね。おやつを与えたり、

    「いい子」などとなでてあげましょう。犬が喜ぶおやつはご褒美の際に少量与え、
    ご褒美の価値を高めなければなりません。

    アイコン 声をかけ褒めるなら、犬の名前を一緒に呼ぶようにしましょう。
    ご褒美の与え方は、おやつと言葉となでるの三原則となっています。
    そして、罰の与え方ですが、罰は副作用が出てくるかの末胃があるので、
    方法に注意しなければなりません。誤った罰を与えてしまうと信頼関係を失い、
    問題行動に繋がります。罰とは、犬を懲らしめる訳ではないですよね。
    よくない行動だと犬に教えて、良い行動へと導く為ですよね。
    なので、冷静な態度で対処しましょう。
    その際に、感情的になり罰を与えてしまわないようにしましょう。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

無視


そして、罰を与えるときは犬の名前を同時に呼ばないようにします。
ダメな行為だと認識すると同時に自分の名前も罰だと認識しします。
罰はご褒美と同時で行為の直後かその最中に与えたほうがよいです。
タイミングを考えて初めから強くいきましょう。
中途半端に与えると犬を興奮させてしまいます。
罰を与える時には、問題行動をするたびに教えなければなりません。
叱る時叱らない時があるのでは、示しが着かないでしょう。
方法は、無視の方法になります。

その際に体罰は絶対に行わないでください。
飼い主といつも一緒に生活したいと思っている犬にとって「無視」は、
とても効くのです。なので、高い効果を期待する事が出来ますが、
この「無視」は正しく実践しなければ難しいのです。
犬が必要以上にじゃれついたり吠えたりした際に「無視」するという罰を
実践してください。この際に徹底的に行うことを心得てくださいね。 中途半端に甘やかしてしまうと甘えてしまっていつまでたっても覚えられませんので、厳しくすることが大事です。 どうしても可愛さに甘やかしてしまいがちですが、厳しさもやさしさのうちなのです。 甘やかしすぎて人に迷惑をかける事の無いようにしましょう。


無視