• 褒め方と叱り方

    叱り方と褒め方はメリハリをつけて

    褒め方と叱り方について、ご説明いたします。まず、犬の知能は人間でいうなら5歳程度です。
    そして言葉は通じないので、褒め方や叱り方にも、ひと工夫必要です。
    さらに、重要なのは、犬は集中力がとても低い生き物であるということです

    アイコン このような、特徴を元にして犬のしつけの方法を考えていきましょう。
    最初に、1番に気をつけなければならないのは、犬が良い事や悪いことをした際には、
    「その場」での対処が必要だということです。

    アイコン 叱ったり褒めたりしなくてはならないということが大切になるのです。
    例を挙げれば、
    犬が甘噛みのつもりで噛んだ際に、力が強く感じいたかったのであれば、
    その場で叱る必要があるということです。

    それは、噛まれた後で別の行動をとっている際に、叱ってしまえば、
    いぬは噛んでしまった事を指摘されたのか、そののちの行動を注意されているのか、
    混乱して分からなくなってしまうのです。

    そして、重要なのが褒める言葉や叱る言葉です。
    褒める際は、我が子を褒めるように愛情をこめて「良い子だね!良く出来たね!」と笑顔で甘やかしてしまうと、
    犬は褒められていると感じるよりも、自分の位置が飼い主よりも、
    高い位置になるもんだと勘違いしてします。
    なので、褒める際に重要になるのは、「よし」や「いい子」と
    いうった短い言葉にしなければなりません。
    そして、褒める際の言葉は、褒める用語として決定しておかなければなりません。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

犬の混乱


更に、叱る際も同様で、「いけない」や「ダメ」といった短い言葉で、分かりやすいように叱らなくてはなりません。
言葉も決定した物を使用して下さいね。そして、とても重要になるのは、褒めるや叱るといった基準を、
しつけを行う飼い主がきちんと明確にしておかなければならないということです。
例えば、その日その日で基準が異なってしまえば犬は
今日は良くて、昨日はダメなの?」などと混乱し、
しつけの効果が全くでなくなってしまうのです。
そして、行動の流れの中で、今日は仕方ないかといった態度が、飼い主が
一番気を使うことが出来ない態度の1つとなっているのです。

実際に、「行動」その物に対し、叱るや褒めるといった意識をきちんと持たなければ ならないのです。
その行動がダメだと決めたのであれば、どのような状況でも「仕方ない」と
いったことになってはいけないのです。
そして、このようなしつけを毎日日常の習慣として繰り返すことにより、
犬も徐々にやって良い事と悪いことの区別を学習して行くのです。 厳しいしつけ方法のように感じるかもしれませんが、これくらい徹底してやらないと犬のしつけ、というのは うまくいかないのです。覚えるまでは心を鬼にして教える必要があります。かわいい、といって甘やかしていては、本当に飼い主の いう事を聞かないワガママ犬になってしまうのです。そうなってしまってはせっかくのペットとの生活もうまくいかなくなってしまいます。

褒め方と叱り方