• 上下関係のしつけ

    ペットの人間の上下関係のしつけ方法

    アイコン犬のしつけのポイントとなるのは、犬といい関係を築くことでもあります。
    いい関係というのは、上下関係がはっきりとしているということです。
    犬は縦社会の生き物です。人間が中心となり、
    犬をひっぱっていると犬に理解させなくてはなりません。
    例を一つご紹介します。まず、食事は人間が先で人間が食べ終わってから、 犬に餌を与えるということを学ばせましょう。
    大抵の動物は、リーダーから餌を食べ始めるのです。
    なので、好ましいのは、人間と犬の間でも上下関係の基準として犬より先に食べるほうが
    好ましいです。

    そして、寝る際に犬と同様のベッドで寝てはなりません。
    人は上で、犬は下でなければなりません。

    犬にとって一緒に寝るという行為は、仲間という意識へ導いてしまうのです。人間がリーダーになるのに、仲間となっては困ります。
    上下関係が出来ていれば、一緒に寝ても大丈夫ですが、
    まだはっきりしていないのに、一緒に寝てはだめです。
    そして、次は引っ張り合いをしないということです。

    アイコン 子犬たちは引っ張り遊びが好きですよね。
    それは実は兄弟同士でどちらが上かを争っている遊びなのです。
    そして、その際にリーダーを決めているのです。
    これは犬も同じで、遊びでおもちゃを犬と引っ張っていても手を離してしまうと
    犬は「僕がリーダー」と感じているのです。
    このような積み重ねにより上下関係が逆転するのです。

    次には、犬の言う通りにしないことが大切になります。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

犬中心の生活

 

犬はとても可愛い生き物なので、犬中心の生活になっていませんか?
散歩の時間や餌の時間、遊びの誘いにはすぐ応じてしまったりなど。


ただ、同様の時間に訪れる欲求に答えてしまっては、犬がリーダーとなっています。
犬が中心となっているわけではないことを教える必要があります。

例えば、餌や散歩を同じ時間にしないなど、
遊びの誘いを合えて無視するなどの行動をとったほうがよいです。
というのも、人間が主導権を握っていると思わせるためです。


そして、1日1回服従させることが大切になります。
飼い主の気が向いた際で問題ないですが、1日1回は服従させましょう。
その方法は、仰向けに寝かせて、手を押さえ、上から除き込む用に
顔を近づけてください。そして、犬の目をじっとみます。


大抵の犬は目をそらすので、そらさせないように顔を向けて下さい。
そして、しっぽがお腹側には入れば、服従のサインです。


そのあとには褒めてあげてください。
あまりやりすぎるとストレスになるので1日1回程度でいいです。どうしても甘やかしたくなる 気持ちもわかりますが、それがストレスになってしまったは意味がないのです。お互いの甘えが ストレスにならないようにしましょうね。