• 甘噛みは体罰でしつけるのではなく気持ちを大切に

    甘噛みのしつけの方法をご紹介いたします。まず、犬を購入して1番の悩みとなるのが甘噛みの癖です。実際、子犬の頃の甘噛みは「歯が痒いから」といって放っておくと、
    大人になっても甘噛みの癖が残ったままで成長し、加減が分からなくなってしまうこともあり、
    血が出るほど噛んでしまうこともあります。
    人の手は、犬からしてみれば、
    柔らかくとても歯ごたえが良く、よく動くので、噛んで遊ぶには、最適のおもちゃとなっているのです。

    なので、飼い主が嫌がって手を動かすと、更に面白がり噛んで遊んでくるでしょう。
    子犬の甘噛みは、人間にとってもそこまで痛くなく、じゃれている子犬が可愛く感じているので、つい許してしまう行為だと思います。ですが、犬は許される行為だと認識し、手は噛んでもいい物だと思ってしまうのです。
    犬は、本来群れを作り上げ、犬の社会の中で親や兄弟と遊びながら、
    様々なルールを学習していくのですが、ペットブームといった影響から
    産まれた後すぐに親兄弟と離れてしまうので、全てのルールを学ばずにして、人間に飼われてしまうのです。

    甘噛みの癖がある犬に、その力加減を教える事は不可能なので、噛む行為を悪いことだと認識させなければなりません。更に、噛まなくなったら思いっきり褒める事も忘れてはならない、しつけの方法です。
    では、甘噛みのしつけ方法を具体的にご紹介いたします。まず、手で遊んでいても歯があたらない場合には、叱ったり手を振り払ったりせずに、遊んであげてください。

    甘噛みのしつけ
    犬のしつけ
メインコンテンツ

気持ち面でのしつけ


そして、少しでも歯があたったと感じたらすぐ落ち着いた口調で、
「痛い」や 「ダメ」という言葉で叱りましょう。


そして、それでも噛む行為を辞めないなら、手を後ろに隠して、
犬を無視してください。それでも、犬がその手を追って噛み始めたら、
その場から立ち去って、犬に寂しい思いをさせ、「手を強く噛んでしまったら、
独りになってしまう」
という気持ちを与えます。

実際、叩いたり、音を立てたりという方法によって、
しつけを行う人もいるようですが、現在、そのような体罰や恐怖を与えるしつけは、
逆効果だと言われているので、ここで ご紹介したような、 気持ち面でのしつけを行うことによって、

よりいっそう忠実な信頼を得る方法をしつけの手順として取り入れることにより、
のちのち子犬から成犬になった際に、とってもお利口さんなわんちゃんになるための
手助けだと考えてもいいでしょう。人間でも脅しによって覚えさせられるのは嫌ですよね。 それは主人を恐れてビクビクして命令に従っているだけで、それでは飼い主と犬、という 家族のような関係は築けないのです。人間よがりになって犬を脅迫のような形で従わせても 家族とはいえません。