• ボディコントロールのしつけ

    ボディコントロールは順番と信頼が大切

    アイコン ここでは、しつけに関係しているボディーコントロールの方法について、ご紹介いたします。 ボデ ィーコントロールは、自宅で簡単できるので子犬の時から優先して行っていくとよいです。実 際に、大体の犬は体を拘束されることを、嫌っています。
    ですが、犬は信頼している人間に対しては、問題なく身体を預けます。 なので、無理せず、 初めは短時間から行っていきましょう。ですが、バタバタ暴れて嫌がったからといって 、離すことだけは絶対に行ってはならない行為です。

    アイコン それをしてしまうと暴れれば離してもらえると認識してしまうのです。犬の性格や犬種により ばたばたと抵抗する時間がとても長い犬もいますが、
    飼い主の根気が大切になります。 おとなしくなった際に、褒めおやつを与えてください。その際には、とにかく褒めておやつを 上げ、体を触られることは、とても楽しい事だというイメージをつけてあげましょう。
    まず、犬が触られて嫌ではない手と足から入りましょう。

    アイコン そしてそれから犬の弱点に触れていきます。少しずつ犬の苦手な部分に触っていきます。 犬にとって弱点は、足先とマズル、耳、尻尾といった噛まれた際にケガをしやすい部分で、 基本的に先端となる部分を嫌がります、ですが、この先端部分は、ケアをする際に触れなければいけない部分です。どの部分も触る時最初にじっとしていれば、おやつをあげることを繰り返し、少しずつさわりから握るといった強い刺激にしていきましょう。

    犬のしつけ
メインコンテンツ

優先順位

 

多少でも嫌がるところがあれば、少しずつ慣らしていきましょう。そして、 マズルのコントロールです。母犬が子犬に対し行う教育で、子犬の口先を母犬の口に含むという行為があります。
ですので、コントロールをするなら、もっとも大きな意味が ある行為なのです。マズルをつかむ際には、上からつかんでしまうと呼吸ができなくなるので、 顎の下から掴むようにします。

そして、左右に動かしたり回したりなどして、マズルコントロールを行ってください。
初めは、 少し動かしたのちにおやつを与えるといった繰り返しです。少しずつ唇をめくったり、口を あけさせるといった工程に移っていきます。そして、次はマウンティングポーズです。

犬の腰をさわり、擬似的なマウンティングの形を表してください。
マウンティングとは、 犬同士で、一方が犬の腰にのり優先順位を示す行為となっています。
間が行うことによって、 犬にどちらが上なのかをしめす事に繋がります。厳しいようですが、このような こともしっかり行わないと犬はわからないのです。